水素水濃度比較測定!高濃度の水素水生成器の徹底比較ガチでランキング

コスパ対決、ハリオ水素水ポットVSドクター水素水

水素水飲みたいんだけど、費用がかかるのがちょっと…

 

って人はけっこう多いと思う。

 

たとえばアルミパウチに入った水素水。メロディアンとかH+WATERとかね。広告を目にすることも多いし、入門者向けみたいな感じでとりあえずおすすめされることも多いので、水素水と聞いてこれらをイメージする人も多いんじゃなかろうか。

 

このアルミパウチの水素水、管理された工場の製造工程の中、専用機械で水に水素をしっかり充填してくれるという安心感はあるんだけど、長期間継続したり、量を飲もうとすると価格が高めになってしまうというのがネックといえばネック。300mlアルミパウチ入りの水素水の相場が大体1本230円程度なので、1日1本でも1年間で83,950円、1日3本飲むと251,850円かかってしまう。ここで「え?そんなに水には出せないや」と水素水を諦めてしまう人もけっこういると思う。

 

コスト重視で水素水を飲みたい人には、「水素水スティック」がおすすめ。これはマグネシウムが入ったスティックを水の中に入れて、化学反応を起こして水を水素水にするというもの。入れてすぐ水素たっぷりの水が飲めるというのでなく、反応させるのには時間がかかるので、アルミパウチ入りの水素水の出荷時の水素濃度まで濃くしようとすると、けっこう時間がかかってしまうのが難点だけど、その代わりグッとコストを抑えながら水素水を飲むことができるよ。

 

今回は、水素水スティックカテゴリに分類される「ハリオ水素水ポット」と「ドクター水素水」の1日1リットルを3年間飲んだ時のコスパを比較してみようと思います☆(購入場所はアマゾンを想定)

 

まずハリオ水素水ポット。

 

本体価格(容量1リットル) = 5,195 円

 

交換フィルタ(3ヶ月) = 2,695 円

 

○1年間で4回フィルター交換必要

 

2,695 * 4 = 10,780 円

 

○3年間の合計

 

5,195 + (10,780 * 3)= 37,535 円

 

次にドクター水素水

 

本体価格(4本入り、1本あたり500ml、6ヶ月間使用可)

 

=6,195円

 

○1年間で4本使用、つまり1パッケージ=1年分

 

○3年間の合計

 

6,195 * 3 = 18,585 円

 

という結果に。

 

ドクター水素水なら、ハリオの水素水ポットの半分のコストで水素水が飲めるということがわかりましたか?こうしてみると、ドクター水素水のコスパはすごい!

 

でも、ハリオの水素水ポットでもアルミパウチの水素水に比べればグッとコスト的にはお得ではあるね。

 

ドクター水素水だとスティックを入れておく密閉容器を用意する必要があるので、用意するのが面倒くさい、良いデザインのものがない、という場合には、ハリオの水素水ポットはおすすめ◎

 

あと、実際には水道水の水道代がかかるけど、飲用に使う分くらいなら非常にお安いのと、比較した両者で使う量は同じなので今回は考慮に含めてません!