水素水濃度比較測定!高濃度の水素水生成器の徹底比較ガチでランキング

大手メーカーならではの品質勝負にうって出た?伊藤園の新アルミパウチ水素水

大手メーカーならではの品質勝負にうって出た?伊藤園の新アルミパウチ水素水

 

「伊藤園から水素水が出てるらしいよ」と職場で聞いたので、「ああ、あのアルミ缶のやつか…」と思いながらも検索して見に行ってみたら、違ってた。

 

アルミパウチ包装の新製品が出てた。

 

以前にアルミ缶のやつを伊藤園が出してたのは知ってたけど、アルミ缶は水素がペットボトルほどではないけどやや抜けやすいというのを聞いていたのでなんだかなぁと思ってた。それがいつの間にかアルミパウチの水素水を出していたなんて…

 

しかもよく見てみると、「特殊な4層構造およびアルミ内蔵スパウト(口部)」とある。このアルミ内蔵スパウト(口部)が気になる。

 

水素水はアルミパウチのやつが抜けにくいとよく言われてるけど、口の部分が樹脂でできているからそこから水素が時間をかけて抜けてしまうので、水素を保存する容器としてアルミパウチといえども完ぺきではない(と、言われてた)。

 

このアルミパウチの口部の欠点を改善した製品であるなら既存のアルミパウチの水素水群に本格的に殴り込みをかけてきたということになるなぁ。

 

あと水素の溶存量などスペック面でもけっこうすごい。自然飽和量である1.6ppmを超えた2.6ppmをうたってるから水素水商品全体からしてもけっこうな高スペックなんじゃなかろうか。このあたり、スティックたいぷの水素水生成器や据え置きのサーバー型水素水生成器ではなかなか実現しにくい専用設備でつくれるという強みを持ったアルミパウチならではの利点を実現してると言えそう。

 

定期の宅配コースも月々6672円(税抜)で頼めるから、コスパ的には他のアルミパウチ製品といい線いって対抗できてると思う。この定期便って普通に買うよりも安めに購入できるというメリットもさることながら、毎回注文手続きしなくても勝手に届くというのがけっこういいらしい。わずかな手間でもかかるのとかからないのでは大違いで、忘れてしまわないように気をつかうというのがなくなるのが使ってみるとやめられないというのは別商品で定期便を利用してる知り合いの談。

 

しいて言うならこの伊藤園のアルミパウチ水素水は量が200mlと少な目なのが気になるといえば気になるかな?ただ水素の溶存量が多いのと、「水素水はダラダラ飲むよりも一気に飲むのが吸収が良い」というのも聞いたことがあるので、単純に量を飲めばいいのではないということなのかも?

 

それにしても、容器や水素の溶存量など本気でクォリティを追及してきたなぁという印象の製品が出てきたのはけっこう歓迎したい。お試しでどれくらい違いがあるのか試してみようか検討中である◎