水素水濃度比較測定!高濃度の水素水生成器の徹底比較ガチでランキング

昔(といっても2009年くらい)にはコンビニで水素水が出回ってたらしい。今ではなんだか信じられない話。

昔(といっても2009年くらい)にはコンビニで水素水が出回ってたらしい。今ではなんだか信じられない話。

 

今ではまったく見ないけど、売れなかったのかな…アイデアとしてはコンビニで水素水売るのはわるくなそうと思うけど。

 

相性良さそうな点としては、コンビニって回転率が良いせいかミネラルウォーターとかもネット通販とかスーパーで買うよりも「美味しい」。鮮度が良く感じる。これは野菜とかも意外とそう。

 

 

例えば私の場合、セブンイレブンで入荷したてのサントリーの南アルプス天然水の2Lのやつが、Amazonでケース売りで買った同商品よりも差額を払ってもよさそうなくらい美味しかったので一時期ハマってたことがあった。

 

 

水素水は水素が抜けないうちに早めに飲むのがセオリーだから、コンビニの流通スピードを活用できるという点では水素水と相性良いと思った。だから水素水をコンビニで売ることのポテンシャルはあったのだろうし、そこを見込んで水素水メーカーも当時コンビニに流通させたんじゃないかな。

 

実際、最近のコンビニの商品は前述した鮮度という点でもいいのだけど、企画力が優れてるのかPB品でも意外とどれも美味しくて、高品質とうたうのにふさわしい、値段に対しての品質は軽くクリアしてる製品が多いと思うし、栄養価もけっこうよい。実は品質や健康意識の高い人向けの商品が多くて、これって水素水のユーザーとも合致しそうではあったりする。

 

ところが一度ついたイメージというのは根強いのかこういうことを話しても納得されないケースがたまにある。そのような「しかたなくコンビニを使う」という人いる一方で品質と手間のかからなさを買ってると見える年配の夫婦とがけっこうコンビニのヘビーユーザーだったりするから、同じコンビニをつかってるのにユーザーごとの意識が違って共存してるのがけっこう不思議な光景だなぁと思うことがある。

 

私の同世代(まぁ、20代〜30代前くらい)の人でさえ、コンビニは高い質が悪い、添加物が心配といってわざわざスーパーに出向いて材料を買って時間をかけて一人分の料理をつくってる人が少なくないし。

 

 

農産物が豊富な地域で育った私が見たところだと、普通のスーパーに回ってくる野菜とか食材の品質はかなり良くなく質に対してはかなり割高だし、労働あたりの単価を考えると自炊ってそんなにお得でもないと思うんだけどなぁと思いつつ、なにも言わずにいるんだけど。
近くにスーパーがない場合にはしぶしぶコンビニみたいな感じ。

 

いろんな人がいろんな思惑でコンビニを利用してる状態だから、たとえ水素水が気になる人でもコンビニで水素水を買うというのはどちらかというと心理的にはばかられるというのがあったのかもしれない。一目が気になるというか。

 

やっぱりこういう健康に気をつかった商品というのは高いから怪しいインチキだなんだと騒がれやすいのは事実だし、そういうものをあえて買うときには心の中でエクスキューズが必要な気もするので、いろいろ情報を提供してくれる専門店であったりで一目を気にせず買える通販などで買う方が買いやすいというのはやはりあるのかも。

 

安さと品質と流通スピードだけでなく「あえて水素水を買う動機」「買うに足る理由」というようなポンと背中を押すような要素を用意するのも必要なのが水素水という商品を売る上での難しさだなぁと思う。